乗船前に座席を決めると思いますので、決められた場所へ セッティングします。 現場で即 投入できる体勢にしておいてください。 ロッドキーパー・ロッド・電源・仕掛け・餌・手洗いバケツ などなど 

忘れやすいのが 尻手です。 必ず リールまたはロッドから1本 と ロッドキーパーから1本の 2本を付けましょう。
また 手の届くところに ハサミ・ペンチ・予備の仕掛け・オモリ などを置いておくと都合が良いです。

身の回りのスペースを 旨く使ってください。 





餌 は オキアミですが、大粒で 身がしっかりした ちゃんと目のついているもの を 使ってください。 尻尾の一節を切って、切り口から 針の軸に沿って グルッ と 差し込んできます。
オキアミが まっすぐに なるようにして下さい。

曲がって 付いたオキアミは、 水の抵抗 で 回ってしまい、喰いが悪くなります。

抱き合わせて、餌を大きく見せて アピールする 方法もあります。 餌取が多い時は、 オキアミと同じ か ちょっと長いくらいの<イカ>の短冊をオキアミ で サンドイッチにして つける場合もあります。

青ジャムシ など使う場合は 頭に チョンガケ します。





まず リールの電源の確認をしてください。 電源が入っていなければ 電源を入れてください。
 (ゼロ設定・船べり停止設定 を 忘れないように!)

次に 餌付けをします。 

船長の合図で投入します。  テンビン・ハリ の順で投入すると 絡みにくいです。





投入して スプールが止まって 道糸がフケたら 着底です。 

クラッチを入れて リールを巻いて 棚を取ります。 オモリを海底から どれだけ 上げるかは その時の 海の条件・仕掛けのバランス・船長の操船 などで変わってきます。

よって ここで 何cm 上げてください とは 書け無いので ご了承ください。

別の 言い方をします。 餌が 海底から50cm(くらい)以内を 漂っている ように棚を合わせてください。 2本ハリ の場合を例にとりますと 下のハリを 合わせるのが無難です。

棚がとれているかの目安は いくつか掲げられます
  @アマダイの釣れてくるハリが上なのか下なのか
  A餌取りは 上下 どちらのハリに多いか
  B上げたら 餌に 泥・砂が付いていた
。  などです。

また 棚が低すぎて 餌を引きずっていると、ガンゾウビラメや 蛇・アナゴ の類が 食ってきやすく、ヒメコダイ などが釣れれば ほぼ棚はあっている ということも 覚えていると棚取りに役立ちます。

とにかく 海底の起伏に沿って できる限り 餌が付いていくように マメに 棚合わせしてください。 これはアマダイ釣りの 大きなポイントです。(もち竿・置き竿に関係なく共通です)

アタリ方は、 棚の高さによって 出方が違いますが、 クンクンクンクン ときます。 モゾモゾと来るのはガンゾウビラメ ククッ と小さく来るのはヒメコダイ 根係りのように竿が止まる時は 長モノ といった感じです。

とにかく アタリが出たら、 竿をスーと立てて 聞いて見てください。  アマダイなら 小気味よく 反発してきます。 大型アマダイだと この時点で、グングングンッ と 竿を持っていきます。

かなり力強いので 初めてだと 驚かれると思います。
(残念ながら 餌取りのアタリだったら すぐ巻き上げて 餌の交換をしてください)

巻き上げ途中 アマダイは 何回か引き込みます。 もち竿で 巻き上げるほうが無難です。 ドラグは 適度に 設定しておいてください。 

(魚が引き込んだ時にスプールが止まるもしくは逆転して糸が出る)

アマダイは 口が堅い魚なので よほど掛かりどこ が悪かったり ハリス切れでもしないかぎり バレることは少ないので もち竿で ドラグさえ効かせていれば少しくらい早巻きしても大丈夫です。
 (油断は禁物ですが・・・)

アマダイは、穴掘りをして 巣をつくりますが、 大体同じエリアに 作ります。 群れているわけではありませんが、1尾釣れたら 近くに 何匹かいる 場合が多いです。

すぐに次の投入をしてください。

アマダイのアタリが少ない時でも、マメな棚取り・餌のチェックを怠らないように また そういう時ほど、誘いも忘れずに!

誘い方は こませを振るようなアクションは かえって逆効果になる時があるので スーと 竿を立てる程度のものでよいでしょう。 アジやイサキのように 何十匹も釣れるものではないので、1尾が大事です。

根気よく繰り返してください。





取り込みです。 海面までくれば一安心、浮き上がってしまう場合が多いので、小型なら そのまま抜き上げてください。 とは 言うものの 中には 海面で外れて 戻っていってしまうアマダイも 中にはいますので、 大型の場合は タモですくってもらいましょう。





旨そうなアマダイですが、 しっかりと処理をして持ち帰りましょう。

お刺身など 生状態で食べる分については、必ず 〆めて血抜きする ことをお勧めします。

右のように背中を自分に向ければやりやすいです。 エラ から ナイフを入れ 背骨を絶ち 尾びれの付け根にも ナイフを入れます。 ドロッ とした 血が出れば 完璧です。

しばらく バケツなどに浮かべて血を出してから 氷と海水を入れたクーラーに収めます。  





mail
Copyright(c) 2009  アマダイ釣りのホームページ All rights reserved.